京都で相続対策としての土地測量・境界確定なら初回相談無料の京都相続・後見サポートへ

京都市下京区烏丸五条にて、土地の測量・隣地との境界確定についての相談、測量、分筆

アクセス
会社概要
サイトマップ
電話
土地測量・境界確定のイメージ

土地測量・境界確定

なぜ、相続対策として、土地測量・境界確定が有効か

一般の方は、具体的な相続税の話には敏感ですが、相続対策の詳細についてはわからないことが多いかと思います。

その相続対策でも、遺言や生前贈与は有名ですが、「測量や境界が相続対策?」と思われる方がほとんどだと思います。

相続対策では、最初の段階で、「相続財産は何か、その評価額はいくらか」を把握することがまず大切です。

預貯金等はそのものずばりなのでわかりやすいですが、不動産となるとどうでしょう?

ご自身の土地が、どこからどこまでで、合計面積がどれだけか、わかりますか?

そうなんです。

土地については、境界と地積がわかってはじめて、正確な評価額を算出できることになるのです。

その測量をする前提で、境界がはっきりしないと、きちんとして測量ができないというわけです。

法務局に正確な測量図面があったり、土地に境界標(杭)が設置されていたり、対象不動産が区画整理地である場合にはあまり問題にならないかもしれませんが、多くの場合、いずれにも該当しないため、事前の準備が大切になります。

生前に土地測量・境界確定をしておく具体的メリット

売却・物納がしやすくなる

相続財産がほとんど不動産の場合には、申告期限までに急いで売却しなければならないこともあります。

現在、不動産会社を通じて売却する場合、契約書には境界明示が明確に謳われており、重要事項説明書においても、境界明示は買主にとって重要な部分となっており、昔のように、境界をうやむやにして売却することは難しくなっています。

また、物納の場合でも、境界が明らかでない土地は、物納不適格財産とみなされ、そのままでは物納することができません。

境界を確定するには、隣地所有者との合意形成が必要となるため、時間的な余裕をもって準備されることをお勧めしています。

相続財産を減少されることができる

土地を測量する場合、小さな土地でも数十万円から数百万円のまとまったお金が必要になります。

生前にその対策をしておくことで、相当分の相続財産が減ることになります。

いずれ後でもやらなければならないのなら、生前に準備しておくことで、有効な相続対策となります。

測量・境界確定・分筆登記は京都相続・後見サポートの土地家屋調査士へ

土地測量、境界確定、土地分筆登記等は、表題登記の専門家である土地家屋調査士が担当します。

不動産については、予期せぬさまざまな問題が起こったり、売買や贈与に関しては所有権移転登記等がからむため、当サイトでは、権利の登記の専門家である司法書士が連携して対応しています。

また、急ぎの売却にも対応するため、京都の中古住宅の売買仲介を専門とする京都不動産サポート(京都中古住宅購入サポート)も連携して、ワンストップ体制で、お客様の相続対策を支援してしますので、安心してお任せください。

 

京都の相続登記・遺言・相続不動産の売却・後見なら、初回無料相談の京都相続・後見サポートへご相談下さい
Copyright©2005 京都相続・後見サポート All Rights Reserved.